バーアンサング ロゴ BarUnsung ロゴ

BLOG

back

バー アンサング全メニュー④ アイリッシュウイスキー

2020.04.03

 

今回はアイリッシュウイスキーのメニューをご紹介します。
アイルランド島の一部は北アイルランドとして国家としてはイギリスの一部となってますが、ウイスキーとしては島で作られるウイスキーはすべてアイリッシュウイスキーに分類されています。
アイリッシュウイスキーの歴史はスコッチよりも長いとされ、19世紀には28もの蒸留所があったそうです。しかし20世紀に入り、様々な要因からそのほとんどが閉鎖されてしまい、一時はミドルトンとブッシュミルズの2つにまで数が減ってしまいました。
しかし、1987年のクーリー蒸留所の創業を皮切りに近年新しい蒸留所が次々に誕生していて、新商品も続々とリリースされており、今後も非常に楽しみです。

アイリッシュにはスコッチにはない「ポットスチルウイスキー」と呼ばれるジャンルのウイスキーが存在します。「ポットスチル」というのは単式蒸留器のことで、スコッチなど通常のモルトウイスキーも「ポットスチル」を使うことは同じなのでジャンルを示す呼び名としては分かりにくいのですが・・・。

これはアイリッシュの昔ながらのウイスキーの製法によるもので、通常のモルトウイスキーが大麦麦芽(モルト)を100%原料とするのに対し、発芽させない大麦(英語では大麦麦芽=maltに対し、こちらはbarleyと別の単語です)やオート麦なども使います。原料にmaltとbarleyをそれぞれ30%以上使っていないと「ポットスチルウイスキー」とは名乗れません。製造にはかえって手間暇がかかるようですが、伝統のアイリッシュの味を継承しようというこだわりを感じられるウイスキーと言えそうです。

スコッチのモルトウイスキーの多くが単式蒸留による2回蒸留なのに対し、アイリッシュの伝統は3回蒸留とされています。そのためアイリッシュのイメージは酒質が軽めですっきりしている、と言われてきました。しかし、新興の蒸留所では2回蒸留を採用しているところも多く、今後そのイメージは変わっていくのかもしれません。
では以下、アイリッシュウイスキーのメニューです。

※アルファベット順に記します。価格は税抜表示です。

★ Irish Malt Whiskey  アイリッシュモルトウイスキー

Bushmills 10y   ブッシュミルズ 10年   ¥700

Connemara   カネマラ    ¥700

Connemara 12y   カネマラ 12年    ¥900

Locke’s 8y   ロックス 8年    ¥700

Teeling Single Malt   ティーリング シングルモルト    ¥800

Tyrconnell   ターコネル    ¥700

★ Irish Pot Still Whiskey  アイリッシュ ポットスチルウイスキー

Green Spot グリーンスポット    ¥900

Redbreast 12y レッドブレスト 12年    ¥850

★ Blended Irish Whiskey  ブレンデッド アイリッシュウイスキー

Black Bush   ブラックブッシュ    ¥600

Jameson   ジェムソン    ¥500

Jameson Black Barrel   ジェムソン ブラックバレル    ¥600

Jameson 12y 1780   ジェムソン 12年 1780    ¥750

Kilbeggan   キルベガン    ¥500

Red Bush   レッドブッシュ    ¥600

Tullamore Dew 12y   タラモアデュー 12年    ¥650

以上アイリッシュウイスキーのメニューでした。
アンサングとしても今後アイリッシュにはさらに注目してラインナップを増やしていってみたいですね。
次回はカナディアンウイスキーのメニューを掲載します。