バーアンサング ロゴ BarUnsung ロゴ

BLOG

back

10月の新入荷(その①) ケイデンヘッド カスクストレングス特集

2020.10.10

 

10月の新入荷ボトルを紹介します。今月は各種いろいろあるので何度かに分けて紹介していこうと思います。まずは今月の特集「ケイデンヘッド カスクストレングス」シリーズ6本を紹介します。

アンサングのシングルモルトは蒸留所またはそのオーナー企業がリリースしている「オフィシャルボトル」が中心です。その多くはアルコール43%前後に加水されボトリングされています。一方、シングルモルトにはボトラーズと呼ばれる業者が蒸留所から樽を買い付け、独自に熟成させ発売する「ボトラーズボトル」というものがあります。ボトラーズボトルには樽出しのウイスキーを加水せず、「カスクストレングス」としてアルコール50%以上でボトリングされるものも多くあります。こうした商品は一般にオフィシャルより高価なのですが、今月はアンサングらしいお手頃価格で提供できるカスクストレングスボトルをいくつか紹介したいと思います。「ケイデンヘッド」という老舗ボトラーズからリリースされたシリーズで、すべて蒸留所の原酒の個性が分かりやすいと思われるバーボン樽での熟成品です。ぜひストレート(+加水)またはロックで「樽出し」のインパクトをお楽しみください。

では以下、ケイデンヘッドの公式テイスティングノートの和訳と共にご紹介します。価格は税抜価格です。


① Cadenhead Balmenach 13y   ケイデンヘッド バルメナック 13年    ¥1000
※ 54.2%。香り: シュガーパウダー、青りんご、ミント葉。味わい: バニラ、レモンケーキ、ヘーゼルナッツ。余韻: ほんのりレモン風味の砂糖系の甘み。スペイサイドモルト。オフィシャルはリリースされておらず、今回アンサング初入荷の蒸留所。

② Cadenhead Royal Brackla 12y   ケイデンヘッド ロイヤルブラックラ 12年   ¥ 1000
※ 57.7%。香り: バニラ、パイナップル、カラメル、ほのかにライム、パプリカ。味わい: レモンピール、蜂蜜、アーモンド、スグリ。濃厚で噛み応えのある味わい。余韻: レモンクリーム、ホワイトチョコ、柔らかなオレンジ感とスパイス感。ハイランドモルト。

③ Cadenhead Glentauchers 9y   ケイデンヘッド グレントファース 9年   ¥1000
※ 57.5%。公式テイスティングノートなし。ライム系の爽やかな柑橘の香りと上品な甘みが印象的。スペイサイドモルト。バランタインリリースの15年との飲み比べ、または両者を混ぜてみるのもオススメ。

④ Cadenhead Benriach 10y   ケイデンヘッド ベンリアック 10年   ¥900
※ 55.2%。香り: ヘーゼルナッツ、干しぶどう、バタートースト。味わい: アーモンド、オレンジピール、ブラウンシュガー。余韻: 塩入りカラメル、樽由来のスパイス感、ほのかにシナモン。スペイサイドモルト。

⑤ Cadenhead Tomatin 10y   ケイデンヘッド トマーティン 10年   ¥900
※ 55.5%。香り: パウダーシュガーをまぶした大麦、洋ナシ、アーモンドミルク、蜂蜜。味わい: 蜂蜜、レモングラス、エルダーフラワー、カラメルビスケット、ブドウの皮、オリーブオイル、若いバナナ、ほのかにココナッツ、オールスパイス。余韻: スパイス感の後、花蜜、マシュマロ、ポップコーン。ハイランドモルト。

⑥ Cadenhead Mackmyra 11y   ケイデンヘッド マックミラ 11年   ¥1500
※ 48.2%。香り: スギ材、カスタード、青りんご。味わい: クリーミー、ナツメグ、アップルパイ。余韻: フルーツシロップ、おろしショウガ、パイナップル。スウェディッシュモルト。

以上ケイデンヘッド カスクストレングスシリーズの紹介でした。残りの新入荷はその②以降でご紹介します。