バーアンサング ロゴ BarUnsung ロゴ

BLOG

back

未紹介の新入荷ボトル(その①) シングルモルト編

2021.02.25

 

2月は新入荷ボトルの投入は保留としましたので、今投稿から何度かに分けて、ここしばらくの間に「新入荷ボトル」としては紹介されることなく、ひっそりとラインナップに加わっていたボトルを紹介していきます。価格は税抜価格です。

① The Deveron (Macduff) 12y   デヴェロン 12年    ¥750
※ 東ハイランド地区マクダフ蒸留所のシングルモルト。フルーティーかつコクのある味わいで、導入を予定していたが、開店時はたまたま安く仕入れられた10年物を先に導入。しかしやはり12年の方が美味しいな、ということで10年を「サービスボトル」とし、常連様のご協力もあり、それが無事空いたので入れ替わりで投入。やはりこちらの方が美味しいと思いますね。

② Glenlivet 12y (現行ボトル)    グレンリベット 12年 (現行ボトル)   ¥700
※ 私がスコッチのシングルモルトの「基本」として絶大な信頼を置いていたグレンリベット12年。2019年暮れにリニューアルし、この現行ボトルに。より軽くスムーズな方向にシフトし、あくまでも私見ながら、あまり歓迎できる変更ではなかった。ただし、スコッチ初心者にはより受け入れやすい味となったのかもしれないとも考えられる。
※※旧ボトルの在庫があるうちは新旧両方を置いておきます。旧ボトルは¥750とさせていただいています。飲み比べもおもしろいかもしれません。

③ Laphroaig Select Cask   ラフロイグ セレクトカスク   ¥650
※ アイラの名門ラフロイグから2014年にリリースされた銘柄。ペドロヒメネス(シェリー)樽、ヨーロピアンオーク樽、バーボン樽の3種の樽で熟成した原酒をブレンドし、さらにアメリカンオークの新樽で後熟という手間のかかる製法ながらお手頃価格のラフロイグ。原酒の若さは感じるものの、シェリー樽由来のフルーティーな甘みがあり、持ち前のピート感といいハーモニーを奏でている。さすがラフロイグ。