バーアンサング ロゴ BarUnsung ロゴ

BLOG

back

★10月の新入荷④★Raasey While We Wait

2021.10.09

 

今日店舗に行ったところ、昨晩の地震によるダメージは全くなく、ボトルもグラスも全て無事でした👍ご心配いただきありがとうございます✨

では今日も新入荷ボトルをひとつ紹介させていただきます。価格は税抜 / 税込の形で表記します。

④ Raasey While We Wait  ラッセイ ホワイル ウィ ウェイト  ¥1000 / 1100

※ スカイ島にほど近いラッセイ島初の蒸留所、ラッセイ蒸留所は2017年9月に稼働開始。3~4年でのリリースを目指すとしていたラッセイのシングルモルトもつい先日発表された。本ボトルは自家蒸留のウイスキーができるまで、目指すハウススタイルのサンプル的に2018年にリリース。ハイランドの蒸留所からノンピートとピーテッドの原酒を調達、ブレンド後にトスカーナワイン樽で追熟。程よいスモーク感にベリー系や柑橘系のフルーツ感。島で仕上げられた実質ハイランドシングルモルト。46%。

上記新入荷ボトルの紹介はメニューに載せた解説で、紙面に余裕がないので省いていますが、熟成に使ったトスカーナワイン樽はカベルネソーヴィニヨンやカベルネフランの樽とのことです。ということはいわゆる「スーパータスカン」の樽のようですね。

実際飲んでみましたところ、モルト原酒本来の甘みとワイン樽由来のフルーティさと、内陸系のピートスモーク感がせめぎ合うイメージのなかなか複雑な味わいです。ただ、ストレートではそれらの香味が一度に押し寄せる印象でちょっとぶつかる感じもあります。

試しにロックにしてみたところ、先に甘みとフルーティさが現れ、遅れてスモーク感が来るような印象になり、それぞれの香味の持ち味が明確になる感じがしました。好みの問題かとは思いますが、私はロックをお薦めしたく思いました。

もちろん、まずストレートを飲んでみて、その後加水したりロックにしたりすることもできますので、ご遠慮なくお申し付けください✨