バーアンサング ロゴ BarUnsung ロゴ

BLOG

back

★11月の新入荷⑭⑮★Jack Daniel’s Bottled in Bond / Rye

2021.11.29



もう月末ですがようやく今月の新入荷紹介も最終回です😅2本まとめてご紹介します。

⑭ Jack Daniel’s Bottled in Bond ジャックダニエル ボトルドインボンド ¥700 / 770

※ アメリカンウイスキー最高の販売量を誇るジャックダニエルが2018年夏に免税店向けにリリースしたボトルドインボンド規格品=50%。貧乏学生時代、私のささやかな贅沢だったジャック。当時43%だったジャックは2002年には40%となってしまい残念に感じていたが、そんな思いを払拭する快作。ジャックらしいフルーティさと丸みのあるメイプル系の甘みにオーク感、ペッパー感が力強く交錯する。

私のように昔のジャックが好きだった、という方にはぜひお試しいただきたいです。50%ですが割とまろやかで、コクのある甘みと香ばしさ、ウッディなタンニン感(ビター感)を感じるたいへんしっかりした満足感の得られる味わいです。

これがあるなら40%のスタンダードジャックはなくてもいいかなあ、と思ってしまいます。今あるボトルが空いたら置きスペースもいよいよないので新しいのは取らないかもしれません😉

⑮ Jack Daniel’s Rye ジャックダニエル ライ ¥600 / 660

※ 2017年10月リリースの超名門によるテネシー・ライウイスキー。マッシュビルはライ麦70%+コーン18%+モルト12%。他のジャックダニエル同様、ミネラル豊富な洞窟の天然水を使用し、伝統のチャコールメローイング製法を採用。ライ麦由来のスパイシーさにリンゴやバナナのフルーツ感。まろやかさとコクも兼ね備えている。通常より高い45%での仕上げが複雑ながらバランスのよい味わいをまとめ上げている。

口当たりはスムーズ~まろやか。通常のジャックと共通の香味も感じられますが、青りんご系のスッキリした甘みを感じた後、ほろ苦さ。飲み下すとライらしいスパイス感。ジャックらしいまろやかなボディも感じられ、なるほどジャックのライ、という印象。45%は絶妙な度数に感じられます。このお手頃価格はさすが大手。かなりコスパの高い1杯だと思います。

ロックにしてみると、私見ではありますが、かなりライトになりストレートで感じられた魅力がごっそり後退してしまう印象。アルコール感にもやや溶剤感が感じられ、意外なほどよくありません。ストレートが美味しいので、ロックでライを飲むなら別のライをお薦めしたいように思われます。

以上11月の新入荷紹介でした。来月12月は2周年を迎えますので、いつもよりちょっといいお酒を新入荷として出したいと思っています🎵

尚、本日11/29(月)は通常営業ですが、月初めにご案内させていただいた通り、明日11/30(火)は所用のため休業させていただきます。よろしくお願いいたしますm(__)m。